暑い夏には、冷奴

四角に切った豆腐を「奴豆腐やっこどうふ」というが、「奴」とは、江戸時代に大名行列の先頭にいる槍や箱を担ぐ「槍持奴やりもちやっこ」と呼ばれる役のことで、奴の着物に付ける四角い紋に似ているところから出たもの。それを冷やしたものが「冷奴」である。
また、温めたものは「熱奴あつやっこ」「湯奴ゆやっこ」「湯豆腐」などといったが、現在は「湯豆腐」という名称だけが残っている。